ごみ処理の種類|機械を使った瓦礫選別で作業効率向上|機械のレンタル業者探し

ごみ処理の種類

ゴミ

ごみの種類

ごみは廃棄物処理法に則って適切に処理される必要があります。単純に廃棄物といっても産業廃棄物と一般廃棄物に分類されています。産業廃棄物は何らかの事業を行い生産の課程で発生した廃棄物を指すもので細かく分類されており、一部はリサイクすることが求められています。一方で家庭ごみや産業廃棄物に分類された事業系一般廃棄物などは、一般廃棄物に分類されます。これらの処理業を営む場合には収集を主に行う場合には廃棄物収集運搬業許可、処理を行う場合には廃棄物処理業許可を得ている必要があります。さいたま市でも多くの一般廃棄物を処理してくれる業者も多く、さいたま市でゴミ屋敷などを片付ける場合にはそれらの許可を受けている業者に依頼する必要があります。

依頼するさいのポイント

さいたま市にしても一般廃棄物の処理を依頼する場合には、廃棄物収集運搬業の許可を得ている業者を選ぶことが最低条件です。これら許可を得ていない業者では収集された一般廃棄物が不法投棄される可能性があり、それらの依頼先にも責任が及ぶためです。このためさいたま市で一般家庭ゴミを一括で処理してしまうために処理業者を選ぶ場合には一般廃棄物収集運搬業の許可を受けている業者に依頼する必要があります。業者としては主に廃棄物を専業に処理しているところがリスクも少ないメリットがあります。特に産業廃棄物はもちろん事業系の一般廃棄物を取り扱っている業者の方が処理の手順には慣れているので大量のゴミ処理を行ってくれるのには最適です。